2011年10月03日

何のために

先日撮った動画の揺れがひどくて酔う人がいるんじゃないかってことで、
差し替え用に取り直すことになった。
カメラデジカメのムービー撮影だ。

カメラをセットする。頭が切れるので段ボールをかます。
そして通常より狭い設定で位置を決めて、その中で演技をしてもらう。

カチンコシーン1
中須賀、柳之内、赤松の三人のシーンを撮影。

赤松 「はい。そこまで。終了。」
よしと思ったら、見ていた加藤、ゆうきの様子がおかしい目

赤松 「どうかした?」
ゆうき意を決して 「ダメかも」
赤松 「何が?」
ゆうき「かっさんが段ボールを触って、カメラが揺れた」
赤松 「手振れの揺れで酔うからって取り直したのに、今撮ったのも揺れたってこと?」
ゆうき「うん」
全員 爆笑わーい(嬉しい顔)・・ふらふら

赤松 「静かにしてるかと思ったら何してるん」
加藤 「オレとこのデジカメは合わん」
赤松 「カメラじゃなくて、台の段ボールにあたったんでしょ」
中須賀「さすがや」
柳之内「なんか途中で二人がこそこそしてるなあとは思ったのよね」
赤松 「ガチョ〜ン的な揺れでもなく、ただ揺れてるのね。じゃあ、そこで止めてくれたらよかったのに」
中須賀「そうよ。途中から始めるのって結構大変だよ」

−−そして、やはり取り直しカチンコ

ブログネタを提供してくれる加藤でした。

近々、差し替えます
posted by カーミン at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年09月29日

曲が入ると

今回、ナレーションを担当してもらったyukie
ナマではなく、録音したものを音楽と合わせて編集して、音響が入れるのだ。

その録音の時のこと
カラオケ1回目
いわゆる普通のセリフの感じで読んだらしく
早い上に情緒がないため、とり直し。

カラオケ2回目
赤松 「もっとゆっくり。情緒をだして」
yukie「時は明治維新の・・」
赤松 「うーん、もっとおいてくる感じかなあ?」
加藤 「なんでそんなにおこってんの?」
yukie「おこってないよお」
--ただ早さだけの問題じゃなくて・・イメージが伝わらない。
 そこで、1回目に録ったもので編集したものを流してみたるんるん
赤松 「ね、早いでしょ。」
yukie「この曲るんるんが入るの?」
赤松 「そう。だから、ハリもいるけど、置きもいるでしょ」
yukie「曲が入るならそれを早く言ってよわーい(嬉しい顔)
--音をかけて、しゃべってみるyukie
赤松 「そう!その感じ」
yukie「曲を忘れないうちに録音してえええ」

いやはや、音が入ると俄然変わる。
それは新波の役者陣 みんなに言えることだが・・

それから、通し稽古手(グー)
yukie「音いる?」
全員 「いるよ!!演劇
加藤 「音がはいったら変わるってことを、あんたが今やったばっかりじゃん」
yukie「そうよね。じゃあ、音入れるから」

この時期になると音ありきで動きや感情、せりふ・・
いっしょくたで体が覚えているものなのです。

音がないと気持ちが入らないとか、決してそのようなことはぁぁぁあせあせ(飛び散る汗)
posted by カーミン at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年09月22日

小さなリベンジ?

危険物認証されたゆうきは
安全靴騒動の次の日、中須賀の足足を踏んだ。
その次の稽古では、中須賀の指手(パー)を踏んだ。
(指はたまたま位置が悪かっただけで、ゆうきには避けられなかったのだが)

加藤 「ほら、やっぱり、おまえが危険物なんよ」
--と、団長のお墨付きをいただいてしまった。
  安全手袋はない・・よねえ。

その次の稽古の時、
中須賀がゆうきの足を踏んだ。

中須賀「ごめん。今度はオレが踏んだ」
赤松 「えー!それは復讐〜?」
中須賀「いやいや、踏んだっつっても触れたくらいだけどね。
    いつもより1歩多かった」
加藤 「なにー?!復讐アリなん?」
中須賀「違う違う。わざとじゃないって」
--その日、違うシーンでも、中須賀はゆうきの足を踏んだ。

みんなは「小さな復讐」と呼んでいる。

その日の締め
赤松 「明日は稽古がないけど、各自復習をしっかりしてきて下さい。
    足を踏む復讐でなく、台本の復習をね」

--感情が入ってくると、1歩多く動いてしまったり、より接近したりしてくるものだ。
 やはり、稽古場には危険がいっぱいなのだ。

CIMG1073s.jpg
posted by カーミン at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年09月20日

ジャップカトー

明日レクでは若干殺陣がある。
殺陣と言えば、ジャップカトーの出番だ目

カトー「刀を抜く時は腰で抜く」
−−名言だ。それを受けて、ゆうきが練習する

カトー「立ったまま抜かない。途中でひっかかるだろ」
−−うまく抜かないと剣先がサヤにつっかえて、カッコ悪いのだ

カトー「そして、サヤにおさめる時は剣先を見ないで手の感覚でおさめる」
ゆうき「見ないで・・・」
カトー「今のじゃ、手が切れてる」
−−お侍さんへの道は厳しい。
posted by カーミン at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年09月15日

危険と隣り合わせ

殺陣のシーンのこと

効果音 ドスブーン
加藤「痛ーーーっ」
と、加藤が崩れ落ちた・・

赤松 「どうした?」
加藤 「足踏まれた。しかも2回目・・巨体が足の上にぃぃ」
ゆうき「すんません。カンペキ踏んだ」
加藤 「近づきすぎー。刺すぞ」
赤松 「歩数を決めて。お互いに危ないから」
ゆうき「1,2,3かなあ」
赤松 「2だね。気持ちが入ったらもっといくし」
ゆうき「2かあ」
−−と、何度も位置の確認をする。

  殺陣のシーンはお互いの距離感が大事である。
  今回は剣アリだから、なおさらだパンチ

加藤 「安全靴がいる」
中須賀「稽古場で安全靴ー?」
加藤 「どんな稽古場かって」
ゆうき「いや、稽古には危険が伴うんですよ」
−−稽古場が危険なのではなく、ゆうきが危険物・・かもしれないあせあせ(飛び散る汗)

CIMG0968.JPG
posted by カーミン at 11:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年08月29日

熱気

残暑はそうでもないって予報だったけど、
かなりきてますね。稽古場も汗だまりができてます。

大、中、小と汗だまりが・・・
寝ると人型がついてますあせあせ(飛び散る汗)

そんな稽古の中で
赤松「ケンはそこの位置はもう1歩いったらカトさんをかわせるんじゃない?」
加藤「そうよ。前に立つな。しかも近いから熱気が来る」
中須賀「そっち?」
加藤「むわっと熱がくる」
赤松「舞台的な立ち位置じゃなくて、熱の問題なのね」

そう、近づいてくると熱気が来る・・暖房機がくるようなダッシュ(走り出すさま)感じです。

posted by カーミン at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年08月12日

悪魔がきたりて

8/10のこと
その日も暑い中、稽古をしていた。

夜、サッカー日韓戦が放送されていた。
柳之内「今日は留守録するために、1回家に帰ってきた」
赤松 「あーー!し忘れたかもぉ」
中須賀「オレも録ってきたよ」
などと、稽古後のお楽しみにして、汗を流していた。

9時ごろ、悪魔はやってきた。
稽古場に着くなり「3対0」と叫んだ。

全員 「あーーーー!!」
柳之内「ひどーーい(泣)」

宮野 「こ、甲子園のね」
赤松 「柳井は5対0だったよ」

宮野 「あ、世界陸上か」
赤松 「まだ、始まってないし」
中須賀「陸上で3対0ってないし」

宮野の必死のごまかしもつらくなるばかりだった。
その横で悪魔は「ごめんごめん」と笑っていた。

汗まみれで稽古してたのに、その楽しみを木端微塵にした悪魔・・

その後、集中力も消え、覚えていたセリフも忘れ
柳之内は声もからして落ち込んでいた。

稽古は早々に切り上げた。

posted by カーミン at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年07月29日

見学

先日、市内の大学生が2人、見学に来られました。

大学では部として活動してないとかで
腹式発声を体験してもらって
台本読みにも挑戦してもらいました。

これから稽古が本格的になれば
体験してもらうメユーは少なくなるかもしれないけど
見学は随時受け付けていまーーす手(チョキ)

興味のある方は info@shinpa.com
にご連絡くださいるんるん
posted by カーミン at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年06月08日

発送作業

7月に開催される「演劇大学2011inしものせき」の
ちらしができあがり、みんなで発送作業プレゼント

110607発送.jpg
赤松 「この封筒に20枚ずつ入れて」
中須賀「はーい」
と、ちらしを数え始めた中須賀の手元を見て
柳之内「えー?!1枚ずつー?」
中須賀「なんだよ」
柳之内「さばいて、ざっざっっと数えないと」
中須賀「さばく?」
赤松 「こうして広げていくの」
(わかりますよね、波打たせるようにして紙を広げるの)
と、それを見ながら中須賀は両手を同時に揺らしていた。
柳之内「それじゃあ、ずれていかによ」
赤松 「赤ちゃんあやしてるんじゃないんだから。両手を一緒に動かしちゃダメよ」
中須賀「やったことないんだもん」
柳之内「学生時代にプリント配ったりしなかったの?」
中須賀「なかったねえ」
彼の人生の中では必要なかったらしい・・
加藤 「変わろう」
と、事務の達人が動いた。
そして、中須賀はホチキス作業にまわったのだった。

そんなこんなはあったけど、順調に作業は終了。
今週末くらいに届くと思います。

各公民館などにも設置が始まりますので
ぜひ、見てみてください。

posted by カーミン at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年05月31日

早い

大ホールに向けて、発声練習に気合いを入れる。

2月公演が終わって、ぬるま湯生活だったから、さすがに腹にくる。
でも、この感じがいいんだけどね。

Mr.X「腹にくる〜。息が短〜い」
などと言いながら、腹をおさえていた。

そして、
〈いーえーあーおーうー〉と一息で言うってメニュー
一息の中を5等分して、発音していく感じ。
息の長い人は一音一音の間が長く、短い人は早く言わないと息がなくなってしまうので
一音一音の間が短くなる。

せえのっ
みんな「いーーーえーーーあーーーおーーー・・
X  「いーえーあおう」
そのあまりの速さが耳に入ってしまった赤松。

赤松「ぷっ」
X「もう、バカにして!」

気をとり直してもう一度

赤松「いー・・ぷはっ」
X「なんだよお。失礼な」
赤松「ごめん。けっしてバカにしているわけではないんだけど
   ダメだ、はまってしまった」

そんなこともあるけど、気合い入れて稽古してます。

なぜ、大ホールか?
その答えは近日中にHPに動きがありまーす手(チョキ)
posted by カーミン at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年05月24日

ゲームも体験

劇団新波のワークショップで好評なコミュニケーションゲームぴかぴか(新しい)
毎年、楽しんでいただけるメニューを考えます。

今年は新しいゲームを入れようということで
まずは団員で遊んでみた。

赤松「最初は雲をつかむような感じだね」
中須賀「すごい想像力を使うよね」
宮野「ある程度いったら、賭けるかどうかだね」
柳之内「違う方にいったら、もうわかんなくなる」
赤松「ノーだったら、ふりだしだもんね」
中須賀「イエスノーだけで片付かない時もある」
宮野「始まったら、すべてがヒントだね」

こんな感想でした。
思ってた以上に、想像力、理解力、文章力、読解力、インスピレーション・・
いろいろな力を使う・・自分だけの道筋ができていって
面白いゾわーい(嬉しい顔)

さあ、何のゲームでしょうexclamation&question
posted by カーミン at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年05月12日

体験して

恒例となっている、春のワークショップの内容を検討中exclamation

身体を動かすメニューの2011年版を実際にやってみたあせあせ(飛び散る汗)
ゆうき「去年のに比べたら、軽いかも」
赤松「ソフトになってる?」
柳之内「飛んだ後にポーズを入れたらどう?」
ゆうき「動いてて止まるのはきついから、いいんじゃない」

何もきっつーい特訓を目指しているわけではないので大丈夫手(チョキ)
あんまり、軽くて身体がほぐれなかったらいけないって話。

改良を加えて、もう一度トライ。
中須賀「結構くる。いいんじゃない」
赤松「息、あがってないよねえ、役者だから・・」
中須賀「あ、当たり前だろ・・ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)あせあせ(飛び散る汗)
この絵文字→息、息、汗 と読んで欲しい目

ともあれ、ストレッチ系は決定ーーーわーい(嬉しい顔)
posted by カーミン at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年03月22日

日テレ派?

大丸であった「ズームイン!!SUPER全国うまいもの博」にMr.Xが行ったらしい。
朝から並んで、ズーミンやチャーミンのぬいぐるみ、ズームインのクッキー、
笑点のお菓子など、思わず買ってしまったと、稽古場にどっさり持ってきた。
大笑いしながらもみんなで分けてもらって帰った。

110321ズーミン.jpg

アナウンサートークショーにも並んだが、7人前で定員いっぱいになり
立ち見で、サバイバルな中、見てきた。
最終日ということで、本来、写真撮影禁止なのだが、西尾アナが「最終日なんで
撮っちゃってください」と言ってくれて、会場は携帯撮影の嵐になった。
彼もちゃっかり撮っていた
posted by カーミン at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年01月18日

部族か

部族.jpg

コントのシーンで使うズラができて
かぶってみた・・・

んーーーん、どこぞの部族か??

役としては部族ではないんだけど・・
取り急ぎ、他の役者が慣れないといけないからと
かぶって稽古。

でも、演出は
「今日、ズラかぶって稽古した?」と。
見てないのか・・あまりにも自然で気づかないほどなのか・・
微妙だあせあせ(飛び散る汗)
posted by カーミン at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年01月12日

あの歌が

稽古中、加藤が歌い始めた

るんるんヒート○ック、ヒート○ックるんるんうおぅうおぅうおぅうおぅ

全員「何の歌ー?」
加藤「ほら、スカちゃんの系列の人の・・」
柳之内「もしかして、ビートゥギャ○ー?」
加藤「当たりーわーい(嬉しい顔)
中須賀「違うから」
*中須賀はTKファンなのだ

と、全員で違うだなんだ言っていたが
その夜、橋本は洗い物をしながら
次の日、柳之内は仕事をしながら、そして、中須賀さえも

るんるんヒート○ックヒート○ック・・の歌が頭の中を回って
「いかん、しっかりしなければ」と振り払ったらしい

こんなにみんなの頭に浮かぶって・・ヒットするかも〜?

いやいや、曲は違うって言い張れても、歌詞は某量販店のヒット商品名だから・・

それから、加藤が疲れている時は優しく
ヒート○ックヒート○ックと歌ってあげる中須賀だった。
posted by カーミン at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2011年01月07日

動画配信

カチンコあるシーンの稽古風景

カチンコ演出の模様

動画で公開しています。

http://video.mixi.jp/list_video.pl?from=navi

取り急ぎ mixiで
posted by カーミン at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2010年12月28日

狙っている

シーンの切り替わり
次に登場する宮野がスタンバッていない。
横で、他の役者とセリフ合わせをしている。

そして、宮野のセリフになった・・
演出 加藤みずから、位置につく

宮野はまだ気づいていない
そして、セリフを加藤が言った。

そのセリフが聞こえて
宮野「あ!しまった!」
とあわてて、舞台位置へと走ってきた

加藤「こんな感じで言ってくれよ」
宮野「ああ・・はい」
赤松「役が狙われてるよお。にしても、今のあわてぶりがよかったねえ」
橋本「それが舞台でいかせられればねえ」

おいしいシーンはみんなが狙っているゾパンチ
posted by カーミン at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2010年12月27日

そして、消えた

とあるシーンでのこと。

加藤「そこのセリフは出てこないようだから、カットしようか」
宮野「はい」
yukie「そしたら、次の私のセリフも変わる?」
加藤「そうね。『はぁ?』だけでいいや」

そして、そのシーンをもう一度
宮野「それでいいのか?」
yukie「はぁ?」
柳之内「待ってよ」
・・と振り向くとyukieがいない。
  まだ、セリフがあるのに、ハケていた
全員の大爆笑に、ひとり、きょとんとしているyukie

柳之内「まだ、ハケじゃないよお」
yukie「あれ?・・あ、ごめん」
加藤「何が気に入らんかったんか」
yukie「いやいや、勘違い」
橋本「台本に忠実と言いながら・・」
中須賀「勝手に消えた」
加藤「いいよ。好きにしたら」

いろいろ やらかしてくれるが、勝手にハケた役者はyukieだけであるあせあせ(飛び散る汗)
posted by カーミン at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2010年12月20日

収録

くりらじで配信している「劇団新波!ラジオドラマ」で
今回の公演CMを流そうということで
急遽、集まって収録したカラオケ

来られなかった役者の部分はちょっと変えているが
シーンを抜粋したものを流します手(チョキ)
少しだけ、雰囲気を味わってもらえると思いますわーい(嬉しい顔)

ラジオドラマの収録初体験の中須賀は
一言めに噛んだるんるんさすが、期待通りである。
そして、ナレーションにも初挑戦。
訛るわ噛むわ・・3分のものが8分にもなっていた。
おまけのコーナーで流してやるぅとそのまま録ってあるので
お楽しみにわーい(嬉しい顔)
posted by カーミン at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ

2010年12月19日

遅刻でも

団員は仕事を持って、劇団活動もしているので
会議や出張などで稽古に遅刻したり、来れなくなることもある。

誰が来れないかで、稽古できるシーンが変わってきたりするので
今日は誰が来れないかと確認したりする。

例えば、
加藤が遅刻なら 「カトチコ」
yukieが遅刻なら 「スエチコ」と言う。
来れなくなった時は 「スエバツ」となる。

それにどれくらいかが加わって、かなり遅刻なら「カナチコ」
先日、「カンチコ」という言葉が生まれた。

赤松 「今日、yukieはカンチコ」
加藤 「かなりじゃなくて?」
赤松 「完全に遅刻っぽいらしい」
加藤 「じゃあ、バツでいいじゃん」
橋本 「そこがyukieの気持ちよね。バツでなく、なんとか来れればって」

新波の稽古は10時までなのだが

橋本 「10時10分前に今から行けるけどってメール来るからね」
赤松 「もう帰るよって」
てこともあった。

みんな時間をやりくりして稽古にはげんでいます手(グー)
posted by カーミン at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場レポ